Exhibitions

 

KEN NAKAHASHIでは8月4日(金)から8月26日(土)まで、ステファン·サラザン氏による企画·キュレーションのグループ展「ワンカップ、ラ·プティット·タス」を開催します。

絵画、写真、シネマ、メディアなどの視覚芸術媒体は、歴史的流れの中で、表現における許容の限界を押し広げてきました。

絵画表現ではフラゴナールからピカソ、写真の文脈ではマン·レイからロバート·メイプルソープ、また映画界ではベルナルド·ベルトルッチからハーモニー·コリンなど、革新的な名作を世に送り出して来たこれらの作家·監督は、セクシュアリティを明るみに出し、エロティシズムや禁断、そして罪などについて物語り、鑑賞者に新たな認識や知性を与えてきました。

それはまた、社会的認識上の規制や価値へと立ち向かった勇敢な行為でもありました。

ありとあらゆることをインターネットで得られる現代、芸術は世界中に氾濫するネットを媒体にしたイメージの増殖のスピードに追いつくことができない状況にあります。しかし一方で、そういった消費的で性的なイメージには、人の記憶に残り魅了し続けるような”力”が欠けていると考えられます。

例えば、ピカソの「アビニヨンの娘たち」は伝統絵画への破壊的挑戦でしたが、この歴史に残る裸体群像は今もなお人々を魅了し続けています。また、2012年に公開されたハーモニー·コリンの映画「スプリング·ブレイカーズ」に登場するネオンカラーのビキニに覆面姿の女子大生4人組は、現代版裸体群像を想起させ、その斬新なビジュアルとストーリー展開により、映画界や一般観客の間で賛否両論を引き起こすなど世に議論を巻き起こしました。

本グループ展「ワン·カップ、ラ·プティット·タス」は、現代のアーティストが、21世紀においてのジェンダー·リアリズムやポスト·エロティシズムとどう反応することができるか、そして挑発、暴露、逸脱の議論の先に進んだ領域で作品を制作することについて問いかけます。

この問題は、今回紹介する作家をはじめ、現代のアーティストに向けられた挑戦でもあります。

展示では、東南アジア、ヨーロッパそして北米など世界各国の、新進気鋭から世界的に活躍するベテランまでキャリアもさまざまな作家の、絵画、写真、映像作品を展示します。

本グループ展のタイトル「ワンカップ、ラ·プティット·タス」は、自動販売機でいつでも買える酒の”謎”のように、かつては禁じられていたものが何時何処でも手にはいる事象の有様を示唆します。

また、「ラ·プティット·タス」という言葉は、快楽目的の性交を「小さな死」と説いた思想家ジョルジュ·バタイユが仏語で小さなカップ·女性器の意味を持つ同語に擬えてエロティシズムの快感を言及したものです。

エロティシズムとそのイメージが蔓延し、その至高性が失われつつある今、本展「ラ·プティット·タス」で展示される「快楽の器」は鑑賞者の慾望を満たすことができるか。現代アートが秘めている可能性へと鑑賞者の意識を導くこととなるでしょう。

参加アーティスト:

  • サンドリオン·ベランジェ(フランス·カナダ)
  • クラリス·ロビン(フランス)
  • クレマンス(メキシコ)
  • ダリア·ジェ·パスカリス(フランス·イタリア)
  • レア・ル・ブリコント(フランス)
  • パスカル·リエブ(フランス)
  • サリサ·ダマランカー(タイ)
  • シェリー·シルバー(アメリカ)
  • スカイナ·ジュアル(モロッコ)
  • スティーブン·ラック(カナダ·アメリカ)
  • トム·ド·ペカン(フランス)
  • トラヴィス·クローゼ(アメリカ)

Exhibiting Artists

サンドリオン・ベランジェ

BIO

1972年カナダ・モントリオール生まれ。1990年からパリに在住。パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)でトニー・ブラウンやジャン=リュック・ヴィルムートから彫刻とメディアアートを学び、1998年卒業。

ベランジェは20年以上にわたって、”女性らしさ”と女性である事との関係性を探求してきました。これまでに、ヨーロッパ、アジア、北米にて多数の展覧会に参加。日本では、2010年横浜赤レンガで開催された展覧会「横浜フランスビデオコレクション2010−−他者の視点」や、新宿Geikouでのグループ展「We don’t have to take our clothes off」に参加しています。2017年、KEN NAKAHASHIにて日本初個展「Blonde Venus」を開催しました。

book

  • 「Photomaton - 20 years of Photomaton's series」SOME/THINGS S/TUDIO、2014年


クラリス・ロビン

クラリス·ロビンはタブーをテーマに、セルフ·ポートレートと壁紙の模様を取り入れた作品を制作するアーティストです。また、子供の絵本を手がけるイラストレーターでもあります。ありふれた状況の中に不安にさせられる発見を創り出し、性的欲望を如実に表出させます。

本展は、ロビンにとって日本での初めての展覧会参加となります。フランス·トゥール在住。

クレマンス

クレマンスはメキシコ出身のアーティストです。おとぎ話、ホラー映画、そしてセクシュアリティについての言及を織り交ぜつつ、女性を主な登場人物として映像や写真を製作します。彼の作品は、ヨーロッパ、中国、日本、ラテンアメリカなどで展示されています。メキシコシティ在住。

ダリア・ジェ・パスカリス

ダリア·ジェ·パスカリスは、当初、クリスチャン·ボルタンスキーやアネット·メサジェのアシスタントして働きながら制作を行っていました。それから、ブリュッセル、シャルルロワ、リヨンの地で、振付師のフレデリック·フラマンや演出家のルーカス·ヘムレブらとダンスやパフォーマンスの分野に入って行きました。またバルセロナでは舞踏家·振付師のティエリー·ティエウ·ニアンとの制作も行なっています。近年では、「Into The Room」と題した小さな空間でのフォト·パフォーマンスのシリーズを発表。ローマ出身、パリ在住。

レア・ル・ブリコント

レア・ル・ブリコントはフランスで今後活躍を期待されている新進作家のひとりです。戦争と対立というテーマで、芸術、武器、芸術や軍事における戦略の歴史を辿り、パフォーマンス、写真、立体、映像などの媒体で作品を制作しています。パリ在住。

パスカル・リエブ

パスカル·リエブは、現代アートを幅広い聴衆に届けるために、ポップカルチャー(音楽ビデオのリメイク)、絵画、ブランディング、哲学を融合させた作品を制作する先駆者的なゲイ·フェミニストのアーティストです。パリ、ポンピドゥーセンターでのパフォーマンスを行うなど幅広い注目を集めています。パリ在住。

サリサ・ダマランカー

タイのアーティストであるサリサ·ダマランカーは現代のタイ文化における暮らしと労働の日々の記録を、ドローイング、写真、音楽、ビデオなど様々なメディアを通して、遊び心やエロスを交えた作品を発表しています。チェンマイ在住。

シェリー・シルバー

シェリー·シルバーはアメリカでは強い影響力のあるアーティストで、主にビデオアートと写真作品を発表しています。物語そのもの、また物語がアイデンティティ·ポリティクスをいかに作り出してしまったかを問題視するアーティストとして、革新的な存在です。

シルバーの作品はMoMA(NY)、国際写真センター(NY)、ロサンゼルス現代美術館MOCA、横浜美術館、ポンピドゥー·センター(パリ)、京都国立博物館などで展示されています。NY在住、コロンビア大学で教鞭をとっている。

スカイナ・ジュアル

スカイナ·ジュアルはモロッコ現代アート界における最も将来性を期待されているアーティストのひとりです。パフォーマンス、絵画、写真、ビデオなどのメディアで作品を制作しています。生肉を陳列した作品では、美しさを追求しながら、政治的側面を背負ったモロッコ文化における肉の役割について探求しています。パフォーマンス作品には、社会政治学的な意味合いが込められていますが、進歩的且つ論理的思考が根底に基づいています。彼女の作品は、フランス、ドイツ、韓国、日本などで展示されています。モロッコ·フェズ在住。

スティーブン・ラック

スティーブン·ラックはNY在住のアーティスト、映画監督です。

モントリオールの繁華街を舞台にした性を巡る人々の関係性における両義性をテーマにした、ラックの初期出演映画「モントリオール·マン」(1974)や「ラバー·ガン」(1977)は、ホイットニー美術館やMoMAでプレミア上映(新監督プログラム)されました。デヴィッド·クローネンバーグ監督作品「スキャナーズ」や「戦慄の絆」に出演した後は、アーティストとして絵画の制作を中心に活動してきました。NYをはじめ、海外にて40回以上の個展が開催されてきました。イースト·ヴィレッジの中でも今後の活躍に期待が高まっているアーティストのひとりです。彼の作品は、チェース·マンハッタン·バンク、RBCドミニオン·セキュリティズ、ブルックリン美術館、ラルフ·ローレン·ファミリー·コレクション、レーベル·ファミリー·コレクション、オーストラリア国立美術館、ニューヨーク公共図書館などにパブリックコレクションとして収蔵されています。

トム・ド・ペカン

トム·ド·ペカンはドローイングやリトグラフという昔ながらの手法の他、アニメーション、映像作品、パフォーマンスによる作品を発表しています。フランスのクイア·カルチャーではアイコニックなイラストレーターでもあり、多数の書籍や映画のポスターデザインも手がけています。パリ在住。

トラヴィス・クローゼ

トラヴィス·クローゼはアメリカのドキュメンタリー映画監督、写真家。「アラキメンタリ」(アラーキーの生涯とキャリアを描いた映画)は世界中で公開されています。現在、東京を拠点にするクローゼのヌードフォトは日本をはじめヨーロッパでも数多くのギャラリーで発表されています。シネマ制作と写真の展示を繰り返しながら活動しています。