Exhibitions

 

エリック・スワーズ: アディトン

2014年5月31日(土曜日)ー7月26日(土曜日)

1988年、東ドイツに生まれる。 エンジニアで未だ結婚していないという両親のもとライプツィヒで育つが、 生まれ故郷の小さな田舎町へ両親とともに戻ることとなり、その時に創造的表現世界への第一歩とな るグラフィティアートに出会う。 しばらくすると、より多面的な表現方法を求めるようになり、ネオ・ラオホの出身校でドイツでも有 数の名門美術学校であるライプツィヒ・ビジュアルアーツ学校(ヨッヘン・プロクシュテース研究室) へ入学し、プロクシュテース氏から多くの影響を受けることとなる。 現在、エリック・スワーズはブルグ・ギービヒィンシュタイン美術デザイン大学(ハレ)にて在学中、 2013 年9月から2014年2月の間に、東京藝術大学油絵科(O JUN 研究室)にて留学も行った。 スワーズは、権威や繁栄、脅威など、またそれに相反する退廃、失敗、非難などの概念に向き合う社 会的テーマ性を込めた作品を制作している。 彼の描く作品は鑑賞者に問いを投げかける。 ドアは閉められ、鍵は隠され或は壊されている。 古臭さの典型にとらわれ、訝しくなってしまった美学に向き合いながら。

エリック・スワーズはペインターである -彼は、物語ではなく 思想を描いてる。

エリックは今回の個展に会わせて7月16日からは来日予定となっており、7月19日(土曜日)19:00からは作家を囲ってレセプションパーティーを行います。

The Artist

エリック・スワーズ

エリック・スワーズは、ブルグ・ギービヒュンシュタイン美術デザイン学校にて、プロクシュテースに師事し、2016年にディプロマ課程を修了。2013年から14年にかけて東京芸術大学にてO JUNにも学んだ気鋭作家です。

これまで、新ライプツィヒ派の超現実主義的絵画や、キリコなどの形而上絵画を彷彿とさせる、幾何学的なランドスケープを鮮明な色彩で画面いっぱいに描いていたスワーズ。プロクシュテースとの師弟関係の中で制作を続ける過程で、近年では水墨画を彷彿とするようなミニマルな要素が特徴となってきました。ジェッソと不透明水彩グワッシュを何層にも重ねて作り出された素地に、濃紺の薄い油絵の具で敢えて塗り重ねず、筆を運ぶときの勢いの強弱や、かすれを活かした渇筆の線で作り出されるスワーズの作品は一瞬の絵画とも言えます。古典絵画が印刷されたカタログ、インターネット上のイメージなどを創造の源に、あえてはっきりとした正面性をつくらず、様々な方向に視点を導く広がりを持ったイメージを描き出しています。

2017年ライプツィヒGalerie Kleindienstでのグループ展、2016年ライプツィヒSpinnerei Archiv massivでの個展、2013年JIKKAギャラリーでの個展、またKEN NAKAHASHIでは2017年アートフェア東京でのソロプロジェクトの他、これまでに2014年・15年・17年と3度の個展を開催しています。