English

Exhibitions

Adyton by エリック・スワーズ
2014/05/31 – 2014/07/26

Erik adyton

Vernissage 2014/05/31   1900 – 2200

Erik adyton

エリック・スワーズ: アディトン

2014年5月31日(土曜日)ー7月26日(土曜日)

1988年、東ドイツに生まれる。 エンジニアで未だ結婚していないという両親のもとライプツィヒで育つが、 生まれ故郷の小さな田舎町へ両親とともに戻ることとなり、その時に創造的表現世界への第一歩とな るグラフィティアートに出会う。 しばらくすると、より多面的な表現方法を求めるようになり、ネオ・ラオホの出身校でドイツでも有 数の名門美術学校であるライプツィヒ・ビジュアルアーツ学校(ヨッヘン・プロクシュテース研究室) へ入学し、プロクシュテース氏から多くの影響を受けることとなる。 現在、エリック・スワーズはブルグ・ギービヒィンシュタイン美術デザイン大学(ハレ)にて在学中、 2013 年9月から2014年2月の間に、東京藝術大学油絵科(O JUN 研究室)にて留学も行った。 スワーズは、権威や繁栄、脅威など、またそれに相反する退廃、失敗、非難などの概念に向き合う社 会的テーマ性を込めた作品を制作している。 彼の描く作品は鑑賞者に問いを投げかける。 ドアは閉められ、鍵は隠され或は壊されている。 古臭さの典型にとらわれ、訝しくなってしまった美学に向き合いながら。

エリック・スワーズはペインターである -彼は、物語ではなく 思想を描いてる。

エリックは今回の個展に会わせて7月16日からは来日予定となっており、7月19日(土曜日)19:00からは作家を囲ってレセプションパーティーを行います。

The Artist

エリック・スワーズ

1988年ドイツ・ライプツィヒ生まれ。2016年ブルグ・ギービヒィンシュタイン美術デザイン大学を卒業。ヨッヘン・プロクシュテースに学びました。

ネオ・ラオホを代表とする新ライプツィヒ派の系譜を継ぎながらも、斬新な発想でオイルペインティングを始め、版画、彫刻など多岐にわたり作品を発表。「過去の現在の未来の自分」、 「国家や政府などの権威と個人との関係」や「自然と人間とのつながり」などについてダイナミックな半具象画を描きます。

最近の作品の多くは、白いキャンバス生地にごく限られた淡い色彩の不透明水彩グワッシュと油彩で描いています。意識を働かして塗り重ね、気の済むまで描き込む事を敢えて行わず、思いがけない筆の動きをそのまま残し、 ありのままの姿を形に残そうとしています。

KEN NAKAHASHIでは2017年2月に、一年半ぶりの個展を開催予定。

また2017年3月16日から19日まで開催されるアートフェア東京ではエリック・スワーズをワンマンショー形式にて紹介いたします。