English

Exhibitions

by エリック・スワーズ
2017/02/10 – 2017/03/17

Erik suji

Vernissage 2017/02/10   1800 – 2100

Erik suji

2017年2月10日(金)より3月17日(金)までKEN NAKAHASHIにおいて、ドイツ・ライプツィヒ在住のアーティスト、エリック・スワーズによる個展「筋」を開催いたします。

エリック・スワーズは1988年ドイツ・ライプツィヒ生まれ。ブルグ・ギービヒィンシュタイン美術デザイン大学にてヨッヘン・プロクシュテースに学び、2016年に卒業しました。また、 2013年9月から2014年2月まで東京芸術大学油絵科のO JUN 研究室にて留学していました。現在は、旧紡績工場シュピネライ・ライプツィヒにアトリエを構え制作しています。

ネオ・ラオホを代表とする新ライプツィヒ派の系譜を継ぎながらも、斬新な発想でオイルペインティングを始め、版画、彫刻など多岐にわたり作品を発表してきています。 「過去の現在の未来の自分」、 「国家や政府などの権威と個人との関係」や「自然と人間とのつながり」などについてダイナミックな半具象画を描きます。


最近の作品の多くは、白いキャンバス生地にごく限られた淡い色彩の不透明水彩グワッシュと油彩で描いています。意識を働かして塗り重ね、気の済むまで描き込む事を敢えて行わず、 思いがけない筆の動きをそのまま残し、 ありのままの姿を形に残そうとしています。
KEN NAKAHASHIでの1年半ぶり3回目の個展となる本展「筋」では新作のペインティングを発表します。

また2017年3月17日から19日まで開催されるアートフェア東京においても、エリック・スワーズをワンマンショー形式にて紹介いたします。


作家プロフィール

主な個展

2017

  • “筋”, KEN NAKAHASHI 東京

2015

  • “ICH”, matchbaco 東京

2014

  • “Erik Swars /// SOLO ///”, Neue Galerie Halle ライプツィヒ
  • “Adyton”, matchbaco 東京

2013

  • “who is your favorites painter?”, JIKKA_gallery 東京

2012

  • OBA Gallery Halle ライプツィヒ


主なグループ展

2015

  • February- March: “Necessarius-”, matchbaco 東京
  • January-Feburary:Patent Pending Ostapotheke ライプツィヒ
  • January: Spinnerei Leipzig G11 ライプツィヒ

2014

  • October: Westwerk Leipzig ライプツィヒ
  • September: Spinnerei Leipzig G11 ライプツィヒ
  • August: Potemka Gallery ライプツィヒ

2013

  • October-November:Trans Arts Tokyo 東京
  • August-September: Am Hawerkamp Münster ミュンスター
  • July-August: Gallery Mücheln ミュンヘン

2012

  • April-November: Salus Magdeburg マクテブルグ

2011

  • May: 1. Connewitzer Art Festival ライプツィヒ

2010

  • June: Feinkost ライプツィヒ


アートフェア

2017

  • アートフェア東京 (KEN NAKAHASHI)


展覧会概要

名称:筋 (英語タイトル:suji)
会期:2017年2月10日(金)- 3月17日(金)
時間:13:00 - 21:00
休廊:日・月
会場:KEN NAKAHASHI (160-0022 東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル2号館 5階)
問い合わせ:info@kennakahashi.net 03-4405-9552 中橋

The Artist

エリック・スワーズ

1988年ドイツ・ライプツィヒ生まれ。2016年ブルグ・ギービヒィンシュタイン美術デザイン大学を卒業。ヨッヘン・プロクシュテースに学びました。

ネオ・ラオホを代表とする新ライプツィヒ派の系譜を継ぎながらも、斬新な発想でオイルペインティングを始め、版画、彫刻など多岐にわたり作品を発表。「過去の現在の未来の自分」、 「国家や政府などの権威と個人との関係」や「自然と人間とのつながり」などについてダイナミックな半具象画を描きます。

最近の作品の多くは、白いキャンバス生地にごく限られた淡い色彩の不透明水彩グワッシュと油彩で描いています。意識を働かして塗り重ね、気の済むまで描き込む事を敢えて行わず、思いがけない筆の動きをそのまま残し、 ありのままの姿を形に残そうとしています。

KEN NAKAHASHIでは2017年2月に、一年半ぶりの個展を開催予定。

また2017年3月16日から19日まで開催されるアートフェア東京ではエリック・スワーズをワンマンショー形式にて紹介いたします。