Exhibitions

 

KEN NAKAHASHIではスウェーデン写真家のヨーガン・アクセルバルによる個展「KÄR / LEK」を開催する運びとなりました。これまで、スウェーデン大使館など、既に国内外における展覧会を通じて作品を発表してきたアクセルバルによる、当ギャラリーでの初個展となります。

本展では、アクセルバルがライフワークとして長年取り続けている友人や花をモチーフにした写真作品を発表します。全てポラロイドで撮ったソフトフォーカスの写真には、ゆったりとした時間の流れや濃密で清らかな孤独が宿っています。

展覧会タイトル「KÄR / LEK」には、作品制作を通じてアクセルバル自身が探し求めている解放や、自由、そして愛のこもった遊戯などという意味が込められています。

ヨーガン・アクセルバルは1972年、スウェーデン生まれ。NYで15年間を過ごした後、2011年から東京在住。2013年、アメリカ版VOGUE誌とボッテガ・ヴェネタが開催した「NEW EXPOSURE賞」のインターナショナル・ウィナーを受賞しています。2014年、パークハイアット東京にて発表した『I was looking for Park Hyatt Tokyo』は、第18回文化庁メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選出され、国立新美術館にて展示されました。2017年には、アクセルバルの写真と詩人・高橋睦郎の詩がシークエンスを織り成す写真集『Go to become なりに行く』がroshin booksより刊行されました。

◆展覧会概要◆

  • 名称:「KÄR / LEK」
  • 作家:ヨーガン ・アクセルバル
  • 会期:2018年4月10日(火)~ 5月5日(土)
  • オープニングレセプション:4月13日(金)18:00 ~ 21:00
  • 会場:KEN NAKAHASHI (東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル2号館5階)
  • 休廊日:日・月
  • 時間:13:00 ~ 21:00
  • アクセス:新宿三丁目駅徒歩2分


後援

スウェーデン大使館

The Artist

ヨーガン・アクセルバル

1972年、スウェーデン生まれ。

NYで15年間を過ごした後、2011年から東京在住。

2013年、アメリカ版VOGUE誌とボッテガ・ヴェネタが開催した「NEW EXPOSURE賞」のインターナショナル・ウィナーを受賞。

book

  • "Instant Moments" super sonic、2014年
  • "I was looking for Park Hyatt Tokyo" Park Hyatt Tokyo / amana、2014年
  • "OIDE" hand made, limited edition of three, Self published / FORT、2015年
  • "Go To Become" roshin books、2017年