Exhibitions

 

KEN NAKAHASHIでは2019年11月1日(金)から11月30日(土)まで、ヨーガン・アクセルバルによる個展「And I reminisce」を開催いたします。

「And I reminisce」、そして僕は追憶すると意味する本展は、アクセルバルが時を取り返そうとする欲望ー記憶違いで浮かんできた美しい過去を捜し求めるのではない、もしもっと早く知っていたら、もっと早く行動していたら自分の現在を変えたかもしれなかったヒントや分岐点を捜し求める衝動ーに駆られて制作した作品で構成されます。

青年期にニューヨークに移り住んで間も無く、アクセルバルは「少年と花の幻影、追憶する道程の先に見えたもの」を発見します。今も続いているそれらの発見の視覚的証拠としての写真作品、また言葉にして意味付けし、映し出されたものとしてアクセルバルが書き下ろした短編物語を共に発表します。

アクセルバルは、友人や花を撮影したシリーズの写真作品で知られています。全てポラロイドで撮ったソフトフォーカスの写真には、ゆったりとした時間の流れや濃密で清らかな孤独が宿っています。剥離式のピールアパートタイプと呼ばれるポラロイドを使い、アクセルバル固有の深遠さや、唯一無二のイメージを表出させます。ある瞬間、さまざまな万境に随って一枚のポラロイド写真が形を表します。フィルムが化学物質と反応する時間、その瞬間における温度や湿度、さらにポラロイドを剥がすときに加えられる張力とその速度にいたる全ての要素が、最終的に現れる産物に変化を与えています。

ヨーガン・アクセルバルは1972年、スウェーデン生まれ。NYで15年間を過ごした後、2011年から東京在住。2015年、7年間にわたり東京で撮影した初の写真シリーズ『I was looking for Park Hyatt Tokyo』が、第18回文化庁メディア芸術祭において審査委員会推薦作品に選出され、国立新美術館にて展示されました。2017年にはアクセルバルの写真と、現代日本の最も著名で多作な詩人、エッセイスト、作家の一人である高橋睦郎によって書き下ろされた詩がシークエンスを織り成す写真集『Go to become なりに行く』を出版しました。

展覧会詳細

  • 題名: ヨーガン・アクセルバル 「And I reminisce」
  • 会期: 2019年11月1日(金) - 11月30日(土)
  • 会場: KEN NAKAHASHI (160-0022 東京都新宿区新宿3-1-32 新宿ビル2号館5階)
  • 開廊時間: 11:00 - 19:00
  • 休廊: 日曜、月曜
  • オープニングレセプション: 11月1日(金) 17:00 - 19:00
  • Selected works

The Artist

ヨーガン・アクセルバル

Bio

  • 1972年、スウェーデン生まれ。
  • NYで15年間を過ごした後、2011年から東京在住。

book

  • 「Instant Moments」 super sonic、2014年
  • 「I was looking for Park Hyatt Tokyo」 Park Hyatt Tokyo / amana、2014年
  • 「OIDE」 hand made, limited edition of three, Self published / FORT、2015年
  • 「Go To Become」 roshin books、2017年