English

Artists

井原信次

1987年福岡県生まれ。2012年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法・材料研究室修了。現在、広島に在住し制作活動を行なっています。

主な個展に旧matchbacoにて開催した「RENDEZVOUS」(2015年12月)や、「博多祇園山笠男絵図」(2016年7月~8月)が記憶に新しいところです。 これらの作品は広島市立大学芸術資料館やルチアーノ・ベネトンコレクションなどに収蔵されています。

親しい友人や愛する人、また他者との関係性の中に存在する自己をやさしく見つめ、主に男性像を描いた作品を制作する井原信次。

その作品には鑑賞者の胸に食い入り、孤独で深遠なる世界を紡ぎ出し、人間の内面で蠢く何かに向き合わせる魅力があります。作家の故郷である福岡の祭 「博多祇園山笠」を題材にした《MATSURI》シリーズの他、自画像や身近な存在を描いた《LIFE》シリーズ、また画家諏訪敦をモデルに描いた新シリーズ《S》 を発表してきています。本グループ展では、新作の《LIFE》シリーズのペインティングを展示いたします。