Exhibitions

 

KEN NAKAHASHIでは2022年3月11日(金)より4月10日(日)まで、原田裕規による個展「Waiting for」を開催いたします。


これまでに金沢21世紀美術館と京都芸術センターで展示されたCGアニメーション作品《Waiting for》(2021年)を、ギャラリーの空間に合わせ、4Kモニターを用いて初めてフル解像度で展示します。

この作品に映し出されるのは、いつまでたっても何も起きることのない架空の風景です。「レンダリング・ポルノ(Renderporn)」と呼ばれるCG表現の潮流に影響を受けた原田は、そこに「ゆっくり動いているような揺らぎ」を見て取りました。

一方で、近年の世界に対して「何か大きな出来事が起こる前のざわめき」を感じていた作家は、レンダリング・ポルノの「揺らぎ」に、そうした「ざわめき」との類似を見出し、33時間19分にわたって何かの予感を伝え続ける《Waiting for》を制作しました。


世界全体が大きな変化のただ中にある今、本作に向き合うことで、その「ざわめき」の声にぜひ耳を傾けてみてください。



1989年山口県生まれ。アーティスト。東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了。

原田裕規は、社会のなかで広く認知されている視覚文化をモチーフに、人間の身体・認知・感情的な限界に挑みながら、現代における「風景」が立ち上がるビューポイントを模索しています。

主な個展に「Unreal Ecology」(京都芸術センター、2022年)、「アペルト14 原田裕規 Waiting for」(金沢21世紀美術館、2021年)、「One Million Seeings」(KEN NAKAHASHI、2019年)、主な編著書に『ラッセンとは何だったのか?』(フィルムアート社、2013年)など。


3月29日(火)からは、広島市現代美術館・鶴見分室101で「どこかで?ゲンビ ビデオアート編 原田裕規」も開幕予定です。



[展覧会概要]

  • タイトル:Waiting for
  • 会期:2022年3月11日(金)–4月10日(日)
  • 開廊時間:水・木・金 11:00-19:00、土・日 11:00-17:00
  • 休廊:月・火
  • 事前予約は不要です