Exhibitions

 

「キノコとスマートフォン、どちらがより抽象的か。」

エリック・スワーズ

この度、matchbacoでは9月4日よりドイツ・ライプツィヒを拠点に活動するErik Swars(エリック・スワーズ)による同ギャラリーでの2回目となる個展「ICH」を開催いたします。

スワーズは現代美術の発信源として知られる旧紡績工場シュピネライ・ライプツィヒにアトリエを構え制作をしているポスト新ライプツィヒ派の若手気鋭ペインターです。

本展のタイトル「ICH(イッヒ)」とは、ドイツ語で「私」という意味でスワーズが抱いている「私という存在」についての探求を反映させたものです。 スワーズはこれまで「国家や政府などの権威と個人との関係」や「自然と人間とのつながり」というテーマに向き合い、幾何学的構成の抽象的な作品を主に制作してきました。ジャンルは、大きな一枚板に大きな流れるようなストロークで描いたオイル・ペインティングの他、版画、彫刻など多様です。 近年では、テクノロジーやグローバリゼーションについて考察していく中で、レンティキュラーレンズという素材を用いた見る角度によって変化する作品など、絵画という古くからあるものがどう拡張していく可能性があるかを試行し問いを投げかけるような作品を制作しています。

今回の展示では、キャンバスに描いた絵をデータ化しレンティキュラーレンズを用い3Dプリントに変換した作品(キャンバスは燃やされ消えてなくなる)の他、具象性を帯びてきた新作のペインティングやドローイングの小作品を展示致します。

展示開催に併せて作家が来日予定。また展示初日レセプションでは作家による作品解説も行われます。

The Artist

エリック・スワーズ

エリック・スワーズは、ブルグ・ギービヒュンシュタイン美術デザイン学校にて、プロクシュテースに師事し、2016年にディプロマ課程を修了。2013年から14年にかけて東京芸術大学にてO JUNにも学んだ気鋭作家です。

これまで、新ライプツィヒ派の超現実主義的絵画や、キリコなどの形而上絵画を彷彿とさせる、幾何学的なランドスケープを鮮明な色彩で画面いっぱいに描いていたスワーズ。プロクシュテースとの師弟関係の中で制作を続ける過程で、近年では水墨画を彷彿とするようなミニマルな要素が特徴となってきました。ジェッソと不透明水彩グワッシュを何層にも重ねて作り出された素地に、濃紺の薄い油絵の具で敢えて塗り重ねず、筆を運ぶときの勢いの強弱や、かすれを活かした渇筆の線で作り出されるスワーズの作品は一瞬の絵画とも言えます。古典絵画が印刷されたカタログ、インターネット上のイメージなどを創造の源に、あえてはっきりとした正面性をつくらず、様々な方向に視点を導く広がりを持ったイメージを描き出しています。

2017年ライプツィヒGalerie Kleindienstでのグループ展、2016年ライプツィヒSpinnerei Archiv massivでの個展、2013年JIKKAギャラリーでの個展、またKEN NAKAHASHIでは2017年アートフェア東京でのソロプロジェクトの他、これまでに2014年・15年・17年と3度の個展を開催しています。