Exhibitions

 

KEN NAKAHASHIでは2017年1月13日(金)から2月4日(土)まで、10名のギャラリーアーティスによるグループ展「Star Tale」を開催します。

参加作家

井田幸昌、井原信次、海老原靖、エリック・スワーズ(Erik Swars)、大垣美穂子、サブリナ・ホーラク(Sabrina Horak)、サンドリヨン・ベランジェ(Cendrillon Belanger)、高島空太、松下まり子、任航(レン・ハン / Ren Hang)

Exhibiting Artists

サンドリオン・ベランジェ

BIO

1972年カナダ・モントリオール生まれ。1990年からパリに在住。パリ国立高等美術学校(エコール・デ・ボザール)でトニー・ブラウンやジャン=リュック・ヴィルムートから彫刻とメディアアートを学び、1998年卒業。

ベランジェは20年以上にわたって、”女性らしさ”と女性である事との関係性を探求してきました。これまでに、ヨーロッパ、アジア、北米にて多数の展覧会に参加。日本では、2010年横浜赤レンガで開催された展覧会「横浜フランスビデオコレクション2010−−他者の視点」や、新宿Geikouでのグループ展「We don’t have to take our clothes off」に参加しています。2017年、KEN NAKAHASHIにて日本初個展「Blonde Venus」を開催しました。

book

  • 「Photomaton - 20 years of Photomaton's series」SOME/THINGS S/TUDIO、2014年


エリック・スワーズ

BIO

  • 1988年 ドイツ生まれ
  • 2005-06年 ライプツィヒ視覚芸術アカデミー (HGB) (Jochen Plogsties)
  • 2010-11年 ライプツィヒスクールオブデザイン (LSOD) (Christian Weihrauch)
  • 2011-16年 ブルグ・ギービッヒェンシュタイン美術デザイン大学(ハレ) (Christine Triebsch)
  • 2013-14年 東京藝術大学 (O JUN)
  • 2015年 JASSO 奨学金 東京藝術大学 (O JUN)
  • 2016年 ディプロム修了 (Jochen Plogsties, Peter Möller)


高島空太

BIO

1988年山梨県生まれ。2011年山梨大学芸術運営コース卒業。現在、東京在住。

2012年Canon写真新世紀にて佳作入賞、また2016年には同賞で優秀賞(さわひらき選)を受賞しました。 清里フォトアートミュージアムでは2014年と2016年の過去2回「ヤングポートフォリオ」を受賞し作品が収蔵されています。

book

  • 「Zawatsuki」matchbaco 発行、2014年


Press

松下まり子

BIO

  • 1980年 大阪生まれ
  • 2004年 京都市立芸術大学油画専攻卒業

Residence

  • 2017年7月~9月: 英・デルフィナ財団(ロンドン)

BOOK

  • "MARIKO" matchbaco発行、2015年
  • "抱擁に至るまで" 自費出版、2018年

COLLABORATION

  • pays des fees、2017年
  • あちゃちゅむ、2017年

media coverage

selected work

大垣美穂子

bio

  • 1973年 富山生まれ
  • 1995年 愛知県立芸術大学美術学部美術科油画専攻卒業
  • 1996年 ドイツ国立デュッセルドルフ・クンストアカデミー立体専攻(Prof. Christian Megert, Prof. Klaus Rinkeに学ぶ)
  • 2003年 ドイツ国立デュッセルドルフ・クンストアカデミー Prof. Klaus Rinkeよりマスター取得
  • 2004年 ドイツ国立デュッセルドルフ・クンストアカデミー デュプロム修了 卒業
  • 2010年 日本に拠点を移す

book

  • 「大垣美穂子 WHO」発行・編集・デザイン 杉原州志、2013年

MEDIA

LINKS

selected works

任航(レン・ハン)

任航は1987年中国・吉林省長春市生まれ。2017年2月他界、享年29歳。「性」がタブーとされる中国で、友人をモデルにヌードを中心に撮り続けた、中国を代表する若手現代写真家です。彫刻のようにポーズをとる男女のヌードを、目の覚めるような色彩感覚と詩的な叙情性で表現します。

これまでに北京、パリ、ニューヨーク、東京など世界各国の主要都市で展覧会を開催し、パリフォトやフォトバーゼルなど数々の国際的アートフェアに出展。2010年にはイタリアTERNA現代芸術賞に入賞。2011年、自費出版による写真集「REN HANG 2009-2011」と「ROOM」を発表し、以降多数の写真集を刊行。

また作品は、ロシアのマルチメディア美術館、中国の中央美術学院美術館、アメリカのカンザス州立大学美術館、中国の三影堂撮影芸術中心、オーストラリアのホワイトラビット中国現代アートコレクション等にパブリックコレクションとして収蔵されています。

book

  • 2016, ATHENS LOVE 雅典的爱, Session press, USA
  • 2016, 二月 FEBRUARY, Self-Published,China
  • 2016, 一月 JANUARY, Self-Published, China
  • 2015, 海鲜派对 Seafood Party, Self-Published, China
  • 2015, 上海游客 Shanghai Visitors, Self-Published, China
  • 2015, NEW LOVE 新欢, Session press, USA
  • 2015, 野生, Die Nacht, Germany
  • 2015, FOOD ISSUE, Same studio, China
  • 2014, PHYSICAL BORDERLINE, ThreeShadows +3 Gallery, China
  • 2013, THE BRIGHTEST LIGHT RUNS TOO FAST, Editions Bessard, France
  • 2013, SON AND BITCH, Neurasthenia, Taiwan
  • 2013, Republic, Éditions du LIC, Norway
  • 2013, MY DEPRESSION, Self-Published, China
  • 2012, NUDE, Self-Published, China 
  • 2011, ROOM, Self-Published, China 
  • 2011, REN HANG 2009-2011, Self-Published, China
  • 2013, Poem Collection of Renhang, Neurasthenia, Taiwan

サブリナ・ホーラク

日本とオーストリアの狭間で生まれ育ったサブリナ・ホーラクは、都市社会が創り出した人工楽園「パラダイス」とそこに存在する人々との関係性を題材に、シンメトリックで曼荼羅のような半立体的絵画を制作しています。

人物の腕や脚などが解体されたパーツを組み合わせて新たにイメージした形状を板から糸のこぎりで丹念に切り抜き、発光するような色彩で人々を描き出した作品は、まるで浮遊する臓器を連想させます。

1983年オーストラリア・ウィーン生まれ。現在、東京在住。2007年ウィーン美術アカデミー絵画専攻卒業。2014-現在 東京藝術大学美術研究科油絵専攻 博士課程。

井原信次

Bio

  • 1987年 福岡県生まれ
  • 2010年 広島市立大学芸術学部美術学科油絵専攻 卒業
  • 2012年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法・材料研究室修了

book

  • 「RENDEZVOUS」matchbaco発行、2015年

Column

selected work


海老原靖

bio

1976年茨城県生まれ。2001年東京芸術大学大学院修士課程修了。

book

  • 「tarot」KEN NAKAHASHI発行、2017年
  • 「if...」matchbaco発行、2014年

merchandise

  • 「Tarot CULKIN」私家版 タロット・カード、2017年

井田幸昌

1990年鳥取県生まれ。2016年東京芸術大学美術学部油絵専攻卒業。2016年、VOCA展2016に出展、また現代芸術振興財団が主催する第3回CAF賞で名和晃平賞を受賞。

同年9月から10月の2ヶ月間、ニューヨークで滞在制作を行なった後、2016年12月にKEN NAKAHASHIで改称後初となる個展「Star Child」を開催しました。現在、東京を拠点に活動を行なっています。

一期一会をテーマに、身近な人物や自己の心象風景をその日のうちに描く《The end of today》シリーズを始め、人間の存在を投影した豚や馬など、具象と抽象の狭間で対象そのものの存在に肉薄する絵画を中心とした作品を発表してる。