Exhibitions

 

「LOIVE」-group show-

2016年1月16日(土)- 2月20日(土)
14:00- 22:00
月曜・火曜 休廊<

この度、matchbacoでは2016年1月16日(土)より2月20日(土)まで、8人の作家によるグループ展「LOIVE」を開催致します。

参加予定作家 Ren Hang (任航)、Erik Swars(エリック・スワーズ)、海老原靖、井田幸昌、松下まり子、井原信次、野村貴之、葛西優人

Exhibiting Artists

エリック・スワーズ

エリック・スワーズは、ブルグ・ギービヒュンシュタイン美術デザイン学校にて、ヨッヘン・プロクシュテースに師事し、2016年にディプロマ課程を修了。2014年には東京芸術大学でO JUNにも学び、絵画を中心に制作していました。一旦ドイツへ帰国し、その1年後にも日本学生支援機構(JASSO)の支援制度で、日本で活動をしました。

2015年より、ライプツィヒの旧紡績工場シュピネライをベースに制作しています。その作品は、ステファン・ヒルデブラントなどのパブリックコレクションに収蔵されています。

松下まり子

BIO

1980年大阪生まれ。京都市立芸術大学油画専攻卒業。東京在住。

当ギャラリーではこれまでに、2015年「MARIKO」、2016年「IDO」、2018年「RAW」「Silent Resistance to Oblivion」と過去4度の個展を開催してきました。2016年第2回CAFAA賞にて最優秀賞を受賞。


SELECTED WORK


Residence

  • 2017年7月~9月: 英・デルフィナ財団(ロンドン)


BOOK

  • "MARIKO" matchbaco発行、2015年
  • "抱擁に至るまで" 自費出版、2018年


COLLABORATION

  • pays des fees、2017年
  • あちゃちゅむ、2017年


media coverage


任航(レン・ハン)

任航は1987年中国・吉林省長春市生まれ。2017年2月他界、享年29歳。「性」がタブーとされる中国で、友人をモデルにヌードを中心に撮り続けた、中国を代表する若手現代写真家です。彫刻のようにポーズをとる男女のヌードを、目の覚めるような色彩感覚と詩的な叙情性で表現します。

これまでに北京、パリ、ニューヨーク、東京など世界各国の主要都市で展覧会を開催し、パリフォトやフォトバーゼルなど数々の国際的アートフェアに出展。2010年にはイタリアTERNA現代芸術賞に入賞。2011年、自費出版による写真集「REN HANG 2009-2011」と「ROOM」を発表し、以降多数の写真集を刊行。

また作品は、ロシアのマルチメディア美術館、中国の中央美術学院美術館、アメリカのカンザス州立大学美術館、中国の三影堂撮影芸術中心、オーストラリアのホワイトラビット中国現代アートコレクション等にパブリックコレクションとして収蔵されています。

book

  • 2016, ATHENS LOVE 雅典的爱, Session press, USA
  • 2016, 二月 FEBRUARY, Self-Published,China
  • 2016, 一月 JANUARY, Self-Published, China
  • 2015, 海鲜派对 Seafood Party, Self-Published, China
  • 2015, 上海游客 Shanghai Visitors, Self-Published, China
  • 2015, NEW LOVE 新欢, Session press, USA
  • 2015, 野生, Die Nacht, Germany
  • 2015, FOOD ISSUE, Same studio, China
  • 2014, PHYSICAL BORDERLINE, ThreeShadows +3 Gallery, China
  • 2013, THE BRIGHTEST LIGHT RUNS TOO FAST, Editions Bessard, France
  • 2013, SON AND BITCH, Neurasthenia, Taiwan
  • 2013, Republic, Éditions du LIC, Norway
  • 2013, MY DEPRESSION, Self-Published, China
  • 2012, NUDE, Self-Published, China 
  • 2011, ROOM, Self-Published, China 
  • 2011, REN HANG 2009-2011, Self-Published, China
  • 2013, Poem Collection of Renhang, Neurasthenia, Taiwan

井原信次

Bio

1987年福岡県生まれ。2012年 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画技法・材料研究室修了。広島在住。

自画像や身近な存在を描いたLIFEシリーズの他、作家の故郷である福岡の祭、博多祇園山笠を題材にしたMATSURIシリーズ、画家の諏訪敦をモデルに描いたSシリーズなどを発表してきています。

主な展覧会に「新進芸術家選抜展 FAUSS」(3331 Arts Chiyoda/東京 2018)、「博多祇園山笠男絵図」(旧matchbaco/東京 2016)、「RENDEZVOUS」(旧matchbaco/東京 2015)などがあります。広島私立大学芸術資料館やルチアーノ・ベネトンコレクションなどに作品が収蔵されています。

book

  • 「RENDEZVOUS」matchbaco発行、2015年


Column



SELECTED WORKS


野村貴之

1987年 山口県生まれ。現在、東京在住。

2010年 大分大学総合表現コース絵画専攻卒業。

海老原靖

bio

1976年茨城県生まれ。2001年東京芸術大学大学院修士課程修了。

book

  • 「tarot」KEN NAKAHASHI発行、2017年
  • 「if...」matchbaco発行、2014年

merchandise

  • 「Tarot CULKIN」私家版 タロット・カード、2017年

井田幸昌

1990年鳥取県生まれ。2016年東京芸術大学美術学部油絵専攻卒業。2016年、VOCA展2016に出展、また現代芸術振興財団が主催する第3回CAF賞で名和晃平賞を受賞。

同年9月から10月の2ヶ月間、ニューヨークで滞在制作を行なった後、2016年12月にKEN NAKAHASHIで改称後初となる個展「Star Child」を開催しました。現在、東京を拠点に活動を行なっています。

一期一会をテーマに、身近な人物や自己の心象風景をその日のうちに描く《The end of today》シリーズを始め、人間の存在を投影した豚や馬など、具象と抽象の狭間で対象そのものの存在に肉薄する絵画を中心とした作品を発表してる。

葛西優人

葛西優人は1988年大森県生まれ。中学の頃から写真を始める。

大学では建築学を専攻していたが、2013年第9回写真「1_WALL」グランプリを機に拠点を東京に移す。

2014年、ガーディアン・ガーデンにて「1_WALL」グランプリ個展『Sail to the Moon』を開催。

2015年1月-3月 matchbaco(現KEN NAKAHASHI)で個展「Multiple」を開催。